オレガノのプランター栽培・育て方と種類

オレガノのプランター栽培・育て方と種類

 ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー オレガノ
オレガノ<oregano>の栽培・育て方
科目:シソ科/多年草  ■耐寒性:強 ■耐暑性:普通
  ●原産地:ヨーロッパ  ●草丈:40〜80cm  ●育てやすさ:
★★★
 ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー>オレガノのプランター栽培・育て方

オレガノのプランター栽培・育て方と種類


  サイトマップ



ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
トップページへ
家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方
姉妹サイトへ

★ハーブ栽培 基礎知識
 ハーブの効能と基礎知識
 ハーブ栽培の用具と材料
 ハーブ苗・植えつけと収穫
★ハーブ栽培・育て方
 
ハーブ◆ラベンダー
 
ハーブ◆バジル
 
ハーブ◆ミント
 
ハーブ◆カモミール
 
ハーブ◆セージ
 
ハーブ◆タイム
 
ハーブ◆ローズマリー
 
ハーブ◆オレガノ
 
ハーブ◆ナスタチウム
 
ハーブ◆マジョラム
 
ハーブ◆レモンバーム
 
ハーブ◆イタリアンパセリ
 
ハーブ◆カレープラント
 
ハーブ◆キャットニップ
 
ハーブ◆タンジー
 
ハーブ◆ヤロウ
 
ハーブ◆ラムズイヤー
ハーブティー
 
ハーブティー効能と作り方
 
ハーブティーの種類
 ハーブティーで花粉症対策

 ★お勧めリンク集
 1 ハーブ
 2 ハーブティー、紅茶
 3 アロマテラピー
 4 レシピ・料理(1)
 5 レシピ・料理(2)
 6 スイーツ
 7 栄養、サプリメント
 8 ダイエット
 9 健康関係(1)
 10 健康関係(2)
 11 ガーデニング
 12 DIY、ログハウス
 13 アウトドア
 14 雑 貨
 15 野菜・家庭菜園(1)
 16 野菜・家庭菜園(2)
 17 植物関係(1)
 18 植物関係(2)

  プロフィール
 ★相互リンク大募集



ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
トップページへ
家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方
姉妹サイトへ






    オレガノ<oregano>
       プランター栽培・育て方と種類

 
オレガノ<Oregano>
    
★刺激的で野性的な香りが魅力

別 名 : ワイルドマジョラム、ハナハッカ
科 目 シソ科/多年草
種まき 4月〜5月
開花期 : 7〜8月
草 丈 : 40〜80cm
利用部位 全草
原 産 ヨーロッパ
オレガノ

オレガノはシソ科の多年草で、ヨーロッパの地中海沿岸地方が原産です。地中海沿岸地方では、ギリシア・ローマ時代から薬用に利用されてきた、長い歴史のあるハーブの1つです。和名はハナハッカ(花薄荷)です。別名ワイルド・マジョラムとも呼ばれます。

米国北東部に自生し、夏から秋にかけて、白・赤紫色の花を咲かせます。
茎は毛におおわれ枝分かれし、直立するタイプと横に這うように広がるタイプがあり、葉はほぼ卵形で、表面が滑らかなものと毛が生えたものに分かれます。

オレガノは、ギリシャ語で「喜びをもたらす山」「山の喜び」という意味があり、ハナハッカ属の中では最も認知度の高い種です。精油にはカルバクロールという化合物が含まれ、ミントに似た特有の芳香があり、植物そのものよりも発する香りをオレガノと呼称することが多いようです。

現在では薬用というよりも食材としての利用の方が多く、オレガノの独特の風味はトマトやチーズ、卵との相性に優れ、主にイタリア料理、メキシコ料理などには欠かせないハーブです。生もしくは乾燥させたものを香辛料として使いますが、生より乾燥させたものの方が甘く強く香ります。俗にピザスパイスと呼ばれるもの、はオレガノが主成分であることが多いようです。

花はドライフラワーやポプリ、リースの材料として利用でき、葉は食材・花はクラフトとして無駄なく活用できる利用価値の高いハーブです。また、消化促進、発汗作用、防腐、殺菌作用などがあります。

オレガノの花
オレガノの花


オレガノ(肉料理)

 ●ハーブの辞典
 ア行のハーブ 
 アーティチョーク
 
 アルカネット
 
 アロエ・ベラ 
 イタリアンパセリ
 オレガノ
 カ行のハーブ 
 カモミール 
 カレープラント
 キャットニップ
 キャットミント
 
 キャラウェイ 
 クレソン 
 コーンサラダ
 
 コリアンダー

 サ行のハーブ(1) 
 サフラン
 
 サボリ
 
 サントリナ 
 サ行のハーブ(2) 
 ジャスミン 
 スイートバイオレット 
 ステビア
 
 セージ
 センテッドゼラニウム 
 ソレル
 タ行のハーブ 
 タイム
 タラゴン
 ★タンジー
 チコリ
 
 チャイブ
 
 チャービル 
 ディル
 ナ行のハーブ
 ナスタチウム
 ハ行のハーブ 
 バジル
 ハニーサックル 
 ヒソップ 
 フェンネル 
 フラックス 
 ベイ

 マ行・ヤ行のハーブ 
 マジョラム
 マリーゴールド
 
 ミント
 モナルダ

 ★ヤロウ
 ラ行のハーブ(1)
 
ラベンダー
 ラムズイヤー
 レモングラス 
 レモンバーベナ 
 レモンバーム
 ラ行のハーブ(2) 
 ロケット 
 ローズヒップ
 ローズマリー
 
収穫後の利用方法

利用部分 : 葉・花・茎
利用法 : 料理、切り花、ドライフラワー、ポプリ、花壇など
効能・効用
古くから、関節痛、生理痛、歯痛、腹痛、神経性頭痛などの痛みの緩和や、風邪、気管支系疾患、消化促進、強壮などに利用されてきました。また、精油を入浴剤として用いると、リラックス効果が得られます。打撲や捻挫の時は、精油でマッサージするとよいようです。 
栽培カレンダー
10 11 12 翌年以降
植えつけ
手入れ
収穫
ふやし方
さし木・株分け さし木
   ■耐寒性:強(屋外で冬を越せます。)  ■耐暑性:普通(多湿と蒸れを嫌います。)
 
家庭菜園についての、姉妹サイトを作成しました。
どうぞご利用ください。

家庭菜園 楽しい家庭菜園プランター・ベランダ菜園|野菜の栽培・育て方
1.オレガノ栽培・育て方のポイント

●栽培難易度

植えつけは春か秋に。丈夫で大変育てやすいハーブです。やや乾燥ぎみに育て、こみ合ったところは収穫を兼ねて間引くとよいでしょう。寒さに強いので屋外で冬を越せますが、寒地では室内の方が無難です。種から育てると開花は2年目の初夏になります。

●肥料
肥料は植え付けるときにあらかじめ土に混ぜ込んでおけば、それ以上必要ありません。逆に肥料が多いと芳香が弱まったり茎が伸びすぎて倒れやすくなったり、枯れてしまうことがあります。

●日照
明るい日陰でも育ちますが、日光を好みますので、できるだけ日当たりのよい場所で育てましょう。また、梅雨時の多湿を避けるため、鉢植えのものは、室内や軒下など雨の当たらない場所に移動しましょう。

●生育適温
生育適温は15〜20℃。年間を通してやや乾燥気味に保ちます。寒さに強いですが、冬場は、寒地では室内管理の方が無難です。

●水やり
年間を通してやや乾燥気味に保ちます。鉢植えのものは土の表面が乾いたら水を与えるようにすればよいでしょう。

●手入れ
オレガノは非常に丈夫で育てやすいですが、多湿にやや弱い性質があるので、梅雨時期〜夏に風通しをよくして蒸れないようにすることがポイントとです。茎葉が茂って密生してきたら収穫を兼ねて間引くなどして風通しをよくします。また、蒸れて腐ったようになった茎は早めに取り除きましょう。逆に環境が合えば(乾燥気味で日当たり・風通しがよい、など)あまり手間もかからず元気に育ちます。

●収穫時期

葉をドライで利用する場合は、もっとも香りが強くなる開花直前に、根元から10cmぐらいのところから刈り取り、風通しのよい場所で陰干しにします。フレッシュの場合は、時期を問わず必要なときに摘み取って使うことが出来ます。


●植え替え

植え替えの適期は4月〜5月、9月〜10月です。鉢で育てている場合、数年育てていると鉢の中が根でいっぱいになってしまい、元気がなくなることがあります。鉢植えの大株は、年1回株分けもかねて植え替えを行った方がよいでしょう。

■オレガノのふやし方
さし木、株分けでふやすことができます。さし木は、4月上旬または9月下旬ごろに行います。10cmほどに切った枝を小粒の赤玉土に挿し、明るい日陰で乾燥させないように管理し、発根したら定植しましょう。
株分けは、3年目で大株になったころに行います。。株分けに適した時期は3月上旬〜4月上旬(寒冷地はこれより約1か月後)です。鉢植えの場合は、8号鉢で12芽、10号鉢で15〜20芽を目安に植えつけます。

オレガノの病気対策と害虫防止
基本的に病害虫に強い植物ですが、春先からアブラムシが発生することがあります。食材として利用する場合は、できるだけ早めに見つけて手やブラシなどで取り除きましょう。発生が多い場合は、植物ベースのデリスやピレトリンの殺虫剤で駆除します。

また、梅雨時期などに株が蒸れてしまうと、カビが発生し株元から腐ったり、葉枯れを起こすことがあります。症状が軽い場合は、マンネブ剤などを1週間おきに散布します。3回ほどサンプしても効果が見られない場合は、他にうつらないよう株を抜き取って処分します。多湿にせずに風通しをよくすることが一番の予防法です。

2.オレガノを育てる(苗の植えつけ)
苗の植えつけは春か秋に実施します(栽培カレンダー参照)
大変育てやすく、寒さに強いので屋外で冬を越せます。
<用意するもの>  ・オレガノの苗  ・鉢(5号鉢以上の素焼き鉢)またはプランター  ・鉢底ネット  
・ゴロ土(鉢底石)  ・培養土  ・苦土石灰  ・マグァンプK(化成肥料)  ・シャベル  ・ジョウロ

 苗を準備します。(苗の植えつけは春か秋に行います。) 2 鉢(5号鉢以上)またはプランターの底に、鉢底ネットを大き目に切って入れ、ゴロ土(鉢底石)を敷きます。

3 準備した鉢(プランター)に市販の培養土を入れ、マグァンプKを小さじ一杯加え、よく混ぜます。また、土10リットルに対し、小さじ1杯の苦土石灰を混ぜ、アルカリ性の土に調整します。
4 苗を鉢の真ん中に植えつけます。水はけがよくなるように根本をやや高くします。定植後は、水を鉢底から流れ出るくらいにたっぷりやり、日陰に3〜4日置きます。

<ポイント>
オレガノは大変丈夫なので、日なたでも半日かげでも
 育ちます。
元肥は控えめに、水は土が乾いた時だけ与え、梅雨時
 は雨が掛からない所へ移動させましょう。
<アドバイス>
鉢(プランター)植えの場合、苗の植えつけ方法は、どのハーブもほぼ共通していますので、難しい事はほとんどありません。ぜひ楽しんでハーブ栽培にチャレンジしてみてください。

3.オレガノを育てる(収穫)



1 茎葉がのびてきたら茎ごと収穫していきます。下の方の葉を残しておけば、また葉が生えてきます。

2 5〜7月に掛けて白やピンクのかわいい花が咲きます。この時期が一番香りがよいので、収穫して料理やハーブティーなどに利用しましょう。



<ポイント>
株が大きくなったら、大きい容器(8号鉢以上)に植えかえましょう。
生葉は軽く洗ってサラダなどに利用します。
フレッシュでも使えますが、乾燥させた方が甘くよい香りがします。乾燥保 存する時は、枝を陰干しにして完全に乾燥させたら密閉ビンで保存し、ピザ やトマトソースに利用します。
枝葉がはすぐ伸び蒸れやすくなるので、こまめに収穫し、常に風通しのよい状態にしておきます。

家庭菜園についての、姉妹サイトを作成しました。
どうぞご利用ください。

家庭菜園 楽しい家庭菜園プランター・ベランダ菜園|野菜の栽培・育て方
3.オレガノの品種
  オレガノは、オリガヌム類、マヨナラ類、アマラスク類に大別できます。

オリガヌム類  一般的にオレガノと呼ばれるワイルドマジョラムやゴールデンオレガノ、グリークオレガノがこの類に入ります。(耐寒性が強く丈夫)

マヨナラ類  スイートマジョラムやポットマジョラム、イタリアンオレガノなどがこの類に入ります。(いずれも香りが強く料理に最適)
アマラスク類  花や苞葉(ほうよう=花の下にあって、つぼみを包んでいた葉)がきれいなアマラスク類は、花オレガノと呼ばれる観賞用のもので、料理には使用せず、ポプリに向いています。多湿に非常に弱いので、雨よけ対策を行い、1年を通して乾燥気味を育てます。(ケントビューティー、ディタニーオブクリート、バーバラチンゲイ、ハイブリット、プルプルケルムなどの種類があります。)


<1>ワイルドマジョラム
ワイルドマジョラムは、いわゆるオレガノの事で、適度な苦味のあるスパイシーな芳香があり、乾燥させた方が風味は強くなります。葉はトマトやチーズとよく合うのでピザやパスタなど、トマトをよく使うイタリア料理には欠かせません。
草丈:4070cm
耐寒性
<2>ゴールデンオレガノ
オレガノの葉が黄色みを帯びた種類で、オレガノと同じく、コショウに似たくせの強い香りがします。葉はトマトと相性が良く、ピザやスパゲティーには欠かせない存在です。マット状に広がるのでグラウンドカバーとしても使えます。
草丈:510cm

<3>グリークオレガノ
野生種の中から選抜された、香り・風味の優れた品種で、ワイルドマジョラムの別名の通り,マジョラムよりワイルドで刺激的な風味と強い味わいがあります。ドライにした方が香りが強くなります。シルバーグレイの中小葉。白花。ピザには不可欠のハーブで、トマトや肉料理、ギリシャ料理、イタリア料理に最適です。グリークオレガノは乾燥を好むオレガノの中では比較的日本で育てやすいハーブです。
草丈:40cm


ワイルドマジョラム
ワイルドマジョラム
   ゴールデンオレガノ
ゴールデンオレガノ
グリークオレガノ
グリークオレガノ

<3>スイートマジョラム
銀緑色の丸い葉に赤みがかった茎、白い小花が咲いたあとは楕円形の苞(花を保護する特殊な葉)をつけます。 香りは、繊細で穏やか。口にすると少し苦みを感じます。 オレガノと並んでイタリア料理には欠かせません。 甘い香りなのでよく石鹸やポプリにします。
草丈:50cm
半耐寒性:冬は家の中に。

<4>ポットマジョラム
コンパクトに育つオレガノの近縁種で、甘い香りがあり、料理などに使いますが、香りが比較的強いので、少量の使用で充分です。肉料理の香りづけや、ハーブティー、刻んでスープやサラダなどに用います。
草丈:40cm
耐寒性


<5>イタリアンオレガノ
スィートマジョラムとオレガノの交配品種。トマトに合い、ピザやパスタのほか魚・肉料理に良くなじみ、イタリア料理のスパイスとしてよく使われます。葉は細くて小さめで、生葉より、乾燥させた方が強く香ります。ハーブティーやハーブバスにも使えます。

草丈:20〜50cm

スイートマジョラム
スイートマジョラム
ポットマジョラム
ポットマジョラム
イタリアンオレガノ
イタリアンオレガノ

<6>ケントビューテー
灰緑色のまるい葉がかわいく、初夏から秋にかけて葉が重なって房になり、それが花になります。花房は垂れ、ロックガーデンやハンギングバスケットにして、とても人気があります。ハーブとしての利用ではなくて、観賞用です。他のハーブ同様丈夫で、春になると新芽が次々に出てきます。
草丈:10〜30cm
半耐寒性(−5℃まで)
ケントビューティー
     ケントビューティー


育てやすいハーブ

ラベンダーのプランター栽培・育て方と種類
ラベンダー
ハーブ|バジルのプランター栽培・育て方と種類
バジル
ハーブ|ミントのプランター栽培・育て方と種類
ミント
カモミールのプランター栽培・育て方と種類
カモミール
ハーブ|セージのプランター栽培・育て方と種類
セージ
ハーブ|タイムのプランター栽培・育て方と種類
タイム
ローズマリーのプランター栽培・育て方と種類・効能
ローズマリー
オレガノのプランター栽培・育て方と種類
オレガノ
ナスタチウムのプランター栽培・育て方
ナスタチウム
マジョラムのプランター栽培・育て方と種類
マジョラム
レモンバームのプランター栽培・育て方
レモンバーム
イタリアンパセリのプランター栽培・育て方
イタリアンパセ
カレープラントのプランター栽培・育て方 
カレープラント
キャットニップのプランター栽培・育て方
キャットニップ
タンジーのプランター栽培・育て方
タンジー
ヤロウのプランター栽培・育て方
ヤロウ
ラムズイヤーのプランター栽培・育て方
ラムズイヤー
ハーブティーの効能と作り方
ハーブティー



料理向きのハーブ

カモミールのプランター栽培・育て方と種類 カモミール
ハーブ|バジルのプランター栽培・育て方と種類 バジル
ハーブ|ミントのプランター栽培・育て方と種類 ミント
ハーブ|セージのプランター栽培・育て方と種類 セージ
ハーブ|タイムのプランター栽培・育て方と種類 タイム
ローズマリーのプランター栽培・育て方と種類・効能 ローズマリー
オレガノのプランター栽培・育て方と種類 オレガノ
コリアンダー コリアンダー
サフラン サフラン
ステビア ステビア
タラゴン タラゴン
チャービル チャービル
チャイブ チャイブ
マジョラムのプランター栽培・育て方と種類 マジョラム
レモンバームのプランター栽培・育て方 レモンバーム
アーティチョーク ア−ティチョーク
キャラウェイ キャラウェイ
クレソン クレソン
コーンサラダ コーンサラダ
サボリ サボリ
ソレル ソレル
チコリ チコリ
ディル ディル
ヒソップ ヒソップ
フェンネル フェンネル
ベイ ベイ
レモングラス レモングラス
レモンバーベナ レモンバーベナ
ロケット(ルッコラ) ロケット



クラフト向きのハーブ

ラベンダーのプランター栽培・育て方と種類 ラベンダー
ハーブ|ミントのプランター栽培・育て方と種類 ミント
ローズマリーのプランター栽培・育て方と種類・効能 ローズマリー
チャイブ チャイブ
アーティチョーク アーティチョーク
アルカネット アルカネット
カレープラントのプランター栽培・育て方 カレープラント
キャットニップのプランター栽培・育て方キャットニップの栽培・育て方 キャットニップ
キャットミント キャットミント
サントリナ サントリナ
タンジーのプランター栽培・育て方 タンジー
フラックス フラックス
ベイ(月桂樹) ベイ
モナルダ モナルダ
レモングラス レモングラス
ローズヒップ ローズヒップ



ガーデニング向きのハーブ

ラベンダーのプランター栽培・育て方と種類 ラベンダー
カモミールのプランター栽培・育て方と種類 カモミール
ナスタチウムのプランター栽培・育て方 ナスタチウム
アルカネット アルカネット
サントリナ サントリナ
ジャシミン ジャスミン
スイートバイオレット スイートバイオレット
セントゼラニウム センテッドゼラニウム
ハニーサックル ハニーサックル
フラックス フラックス
マリーゴールド マリーゴールド
モナルダ モナルダ
ヤロウのプランター栽培・育て方 ヤロウ
ラムズイヤーのプランター栽培・育て方 ラムズイヤー



アロマテラピー効果のあるハーブ

ラベンダーのプランター栽培・育て方と種類 ラベンダー
ハーブ|バジルのプランター栽培・育て方と種類 バジル
ハーブ|ミントのプランター栽培・育て方と種類 ミント
カモミールのプランター栽培・育て方と種類 カモミール
ハーブ|セージのプランター栽培・育て方と種類 セージ
ハーブ|タイムのプランター栽培・育て方と種類 タイム
ローズマリーのプランター栽培・育て方と種類・効能 ローズマリー
オレガノのプランター栽培・育て方と種類 オレガノ
マジョラムのプランター栽培・育て方と種類 マジョラム
レモンバームのプランター栽培・育て方 レモンバーム
アロエベラ アロエ・ベラ
ジャシミン ジャスミン
セントゼラニウム センテッドゼラニウム
フェンネル フェンネル
ベイ(月桂樹) ベイ
ローズヒップ ローズヒップ



●ハーブの辞典●
ア行のハーブ アーティチョーク アルカネット アロエ・ベラ ★イタリアンパセリ ★オレガノ
カ行のハーブ ★カモミール ★カレープラント ★キャットニップ キャットミント
キャラウェイ クレソン コーンサラダ コリアンダー
サ行のハーブ(1) サフラン サボリ サントリナ 
サ行のハーブ(2) ジャスミン スイートバイオレット ステビア ★セージ センテッドゼラニウム ソレル
タ行のハーブ ★タイイム タラゴン ★タンジー チコリ チャイブ チャービル ディル
ナ行のハーブ ★ナスタチウム
ハ行のハーブ ★バジル ハニーサックル ヒソップ フェンネル フラックス ベイ
マ行・ヤ行のハーブ ★マジョラム マリーゴールド ★ミント モナルダ ★ヤロウ
ラ行のハーブ(1) ★ラベンダー ★ラムズイヤー レモングラス レモンバーベナ ★レモンバーム
ラ行のハーブ(2) ロケット ローズヒップ ★ローズマリー


★お勧めリンク集★
1 ハーブ  2 ハーブティー、紅茶、お茶  3 テラピー、アロマテラピー  4 レシピ・料理(1)
5 レシピ・料理(2)  6 スイーツ  7 栄養、サプリメント  8 ダイエット  9 健康関係(1)  10 健康関係(2)
11 ガーデニング  12 DIY、ログハウス  13 アウトドア  14 雑 貨  
15 野菜・家庭菜園(1)  16 野菜・家庭菜園(2)  17 植物関係(1)  18 植物関係(2)




家庭菜園についての、姉妹サイトを作成しました。
どうぞご利用ください。

家庭菜園 楽しい家庭菜園プランター・ベランダ菜園|野菜の栽培・育て方
                                              このページの一番上へ移動
  ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー ←TOPページ                <<前のページ  次のページ>>
Copyright (C)  All Rights Reserved 
オレガノ<oregano>の栽培・育て方
ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー