ハーブの辞典3|魅力的なサ行のハーブ

ハーブの辞典3

その他の魅力的なハーブたち  
ハーブの辞典(サ行)
楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
H E R B
その他の魅力的なハーブの
ご紹介ページです。

魅力的なサ行のハーブ


  サイトマップ

ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
トップページへ
家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方
姉妹サイトへ

★ハーブ栽培 基礎知識
 ハーブの効能と基礎知識
 ハーブ栽培の用具と材料
 ハーブ苗・植えつけと収穫
★ハーブ栽培・育て方
 
ハーブ◆ラベンダー
 
ハーブ◆バジル
 
ハーブ◆ミント
 
ハーブ◆カモミール
 
ハーブ◆セージ
 
ハーブ◆タイム
 
ハーブ◆ローズマリー
 
ハーブ◆オレガノ
 
ハーブ◆ナスタチウム
 
ハーブ◆マジョラム
 
ハーブ◆レモンバーム
 
ハーブ◆イタリアンパセリ
 
ハーブ◆カレープラント
 
ハーブ◆キャットニップ
 
ハーブ◆タンジー
 
ハーブ◆ヤロウ
 
ハーブ◆ラムズイヤー
ハーブティー
 
ハーブティー効能と作り方
 
ハーブティーの種類

 ハーブティーで花粉症対策


 ●ハーブの辞典
 ア行のハーブ 
 アーティチョーク
 
 アルカネット
 
 アロエ・ベラ 
 イタリアンパセリ
 オレガノ
 カ行のハーブ 
 カモミール 
 カレープラント
 キャットニップ
 キャットミント
 
 キャラウェイ 
 クレソン 
 コーンサラダ
 
 コリアンダー

 サ行のハーブ(1) 
 サフラン
 
 サボリ
 
 サントリナ 
 サ行のハーブ(2) 
 ジャスミン 
 スイートバイオレット 
 ステビア
 
 セージ
 センテッドゼラニウム 
 ソレル
 タ行のハーブ 
 タイム
 タラゴン
 ★タンジー
 チコリ
 
 チャイブ
 
 チャービル 
 ディル
 ナ行のハーブ
 ナスタチウム
 ハ行のハーブ 
 バジル
 ハニーサックル 
 ヒソップ 
 フェンネル 
 フラックス 
 ベイ

 マ行・ヤ行のハーブ 
 マジョラム
 マリーゴールド
 
 ミント
 モナルダ

 ★ヤロウ
 ラ行のハーブ(1)
 
ラベンダー
 ラムズイヤー
 レモングラス 
 レモンバーベナ 
 レモンバーム
 ラ行のハーブ(2) 
 ロケット 
 ローズヒップ
 ローズマリー

 ★お勧めリンク集
 1 ハーブ
 2 ハーブティー、紅茶
 3 アロマテラピー
 4 レシピ・料理(1)
 5 レシピ・料理(2)
 6 スイーツ
 7 栄養、サプリメント
 8 ダイエット
 9 健康関係(1)
 10 健康関係(2)
 11 ガーデニング
 12 DIY、ログハウス
 13 アウトドア
 14 雑 貨
 15 野菜・家庭菜園(1)
 16 野菜・家庭菜園(2)
 17 植物関係(1)
 18 植物関係(2)

  サイトマップ
  プロフィール

 相互リンク大募集
ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
トップページへ


家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方
姉妹サイトへ

ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
トップページへ


家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方
姉妹サイトへ

サ行のハーブ

サフラン
別 名 : バンコウカ
科 目 : アヤメ科/多年性球根植物
植え付け・種まき
開花期
利用部位 : 花
原産地 : 小アジア、地中海沿岸
草 丈 : 10cm~20cm
<効能・効用>生理不順、更年期障害
サフラン

サフランは地中海沿岸に自生するアヤメ科の植物で、クロッカスの仲間です。早春の球根植物として親しまれ、高価なスパイスとしてもよく知られています。サフランは、ヨーロッパではその花の美しさから、古代ギリシア時代から利用され、日本には江戸時代末期に漢方薬として入ってきました。

サフランを薬用サフラン、クロッカスを花サフランと区別し、クロッカス(花サフランは早春に花を咲かせるのに対し、サフラン(薬用サフラン)は秋に松葉の様な細長い葉を伸ばしつつ、同時に紫色の花を咲かせます。花が咲いた後も葉は長く伸び、翌春の5月頃に枯れて休眠します。花の中には黄色い雄しべと3本の赤い糸くずのような雌しべがあり、この雌しべを乾燥させたものが、いわゆる高価なスパイスで有名な【サフラン】です。スペインのバレンシア産のものが良質で最高級とされ、日本国内でも大分県竹田市などで栽培が行われています。

【土作り】
水はけと通気性に富み適度な保水性のある、腐葉土や堆肥のたっぷり入った肥沃な土が適しています。酸性土壌を嫌うので、植えつけ2週間くらい前までに苦土石灰を混ぜて、庭植えで水はけが悪い場合は、腐葉土などの有機物とパーライトや川砂などをすき込みます。鉢植えの場合は市販の草花用培養土を用いるか、赤玉土小粒6、腐葉土3、牛ふん堆肥1などの割合で配合した土を用います。水耕栽培も可能です。

【栽培のポイント】
日当たりと風通しのよい場所で育てます。日当たりが悪いと花数が少なくなります。球根の植え付けは8月下旬~9月中旬/晩夏から初秋が適期です。植えつけが遅れると花が小さくなる傾向があり、植え忘れると植える前に芽を出し開花してしまうこともあります。(芽が出たり花が咲いてしまったら速やかに植えつける。)

球根は浅植えにすると芽はたくさん出るものの花付きが悪くなるので、庭植えの場合は球根2コ分の深さに植え、鉢植えの場合は球根1コ~1.5コ分の深さに植えつけます。草丈がさほど高くならないので、鉢に植える場合は、高さの低い平鉢などに植えたほうが開花時に見栄えがよいです。 高温多雨の地域では夏越しが難しいので、鉢植えの方が育てやすいです。球根を選べる場合は、球根が大きい方が咲く花の数も多くなるので、できるだけ大きな球根を選びましょう。生育の適温は5℃~15℃程度と冷涼な環境を好みます。

鉢植えの場合、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えるのが基本ですが、冬~春にかけては水やりを控えてやや乾燥気味に管理します。花が咲いたらすぐに赤い雌しべを抜き取ってキッチンペーパーなど上に置き日陰で乾燥させ、主に料理などの着色・風味付けに使うこともできます。

花後に新しい球根を太らせるためには肥料は不可欠です。花後の
1112月ごろ2月頃の2回、株元に1㎡当たり150g化成肥料を与えます。肥料は窒素分が多いと球根が軟弱になり病気にかかりやすくなるので、リン酸分の多いものを使います。鉢植えでは、用土1ℓ当たり5g程度の同様肥料を、土の表面にばらまきます。

また、芽が出た数だけ新しい球根ができますが、鉢やコンテナなどスペースが限られていると、すべての芽を育てても球根が十分に太らず、翌年花を咲かせないこともあります。球根を太らせるために、花後、芽をかき取ってできる球根の数を絞りましょう。

寒さには非常に強いので、特に防寒をする必要はなく屋外で管理できます。逆に高温多湿に弱いので、できれば春以降は球根を掘り上げて涼しい場所で貯蔵します。

球根の掘りあげ
高温多湿が苦手なので、夏暑い地域では、葉が全体の2/3以上枯れた頃(春~夏前)に球根を掘り上げ、雨の当たらない風通しのよい日陰に吊します。その後、葉が完全に茶色く枯れたら葉を取り除き、新しくできた子球を親球からはずしてネットなどの通気性のよい袋に入れて植えつけ時期まで貯蔵します。球根を掘り上げる理由は、高温多湿で球根が腐ることがあるためですが、夏が涼しい地域でその心配がなければ、通常は3~4年程度植えっぱなしで管理します。 ただ、植えっぱなしにしていると球根がふえて窮屈になるので、その場合は掘り上げて植え直します。

【病害虫】
高温多湿や窒素分が多過ぎると軟腐病が発生しやすくなるので、高温多湿を避けて窒素過多に注意して予防します。

【利用法】
サフランは、秋に薄紫色の花を咲かせます。花の中には、黄色い雄しべと赤い3本の雌しべがあり、この雌しべを乾燥させると、高価なスパイスで有名なサフランになります。乾燥させた雌しべサフランは、古くから料理の風味付けや色づけに利用され、ブイヤベース、パエリヤには欠かせないもののひとつです。ひとつの花からとれる量が非常に少なく、サフラン1gは160個分の花に相当します。染料やお茶としても利用します。

スパイスとして利用する場合は、花が咲いたらすぐに3本の雌しべを優しく抜き取り、新聞紙やキッチンペーパーなどの上に置き、日陰で乾燥させます。糸くずのような軽い雌しべは風が吹くと簡単に吹き飛ばされてしまうので、風が当たらない場所で干しましょう。乾燥したら小瓶に入れて保存し、風味が落ちないうち(1年以内)に料理などに使います。使用前にサフランをsアルミホイルにくるんでオーブンの余熱で乾燥させると、香りと風味がよりいっそう引き立ちます。


サボリ(ウィンターサボリ)
別 名 : セイボリー、キダチハッカ
科 目 : シソ科/常緑半低木
種まき : 4~6月、9~10月
開花期 : 7~9月
利用部位 : 葉
草 丈 : 25~45cm
<効能・効用>消化促進
ウィンターサボリ

【土作りり】
ウインター種は、水はけがよいやせた弱アルカリ性の土壌を好みます。地植えにする場合、苦土石灰をよく混ぜ込んでおきます。鉢やコプランター、コンテナ植えにする場合は、赤玉土7:腐葉土3の割合で混ぜた土に苦土石灰を少量混ぜ込みます。

栽培のポイント】
種からの栽培もできますが、植え付けられるようになるまで、かなり日数がかかるので、苗からの栽培がよいでしょう。水はけがよく日当たりのよい場所が適しています。株間を30cmほどにして植え付け、生長に伴い収穫もかねて多少刈り込み、株の形を整えていきます。特に梅雨時期は、多湿で茎の混み合った部分が蒸れて傷みやすいので、適宜、茎を間引きます。株姿が乱れた場合、秋に株を刈り込んで姿を整えます。ウインター種は冬越しするので冬の前には10cmほど刈りつめて、地植えのものは株元を腐葉土や敷きわらなどで覆い、寒さから守ってやるとよいでしょう。霜に当たると葉が枯れてしまうため、鉢植えのものはベランダなど屋根のある場所に移動させます

また、ウインター種は挿し木や株分けで殖やすことができます。挿し木の適期は5~6月で、茎の先端を10cmくらいの位置で切り取り、切り口を水につけて数時間吸水させた後、培養土に挿します。適宜水やりし、乾燥さないように明るい日陰で管理すると1ヶ月くらいで根と新芽が生長してくるので、少しずつ日差しに慣れさせて順調に育ってきたらプランターや庭に植え替えます。

【病害虫】
特に病気・害虫の心配はありません。

【利用法】
葉にはタイムのようなスッとした強い辛味と芳香があり、料理には控えめに利用するのがコツです。生葉をソーセージなどの詰め物や、肉料理、豆料理、煮込み料理、ハーブオイルとして利用します。また、野菜や豆類をゆでる際に加えて臭み消しにします。ドライにしてリースの素材としてもよいでしょう。23分咲きの頃に刈り取って乾燥させた花を、ポプリなどクラフトとして利用します。消化・整腸作用・消毒作用があるといわれています。








サントリナ
別 名 : ワタスギギク、サントリナグレー、
      コットンラベンダー
科 目 : キク科/常緑小低木
植え付け : 初春~春
開花期 : 5~7月
利用部位 : 花、葉
草 丈 : 30cm~60cm
<効能・効用>消化促進
サントリナ

【土作り】
水はけのよい砂質の土壌が適しています。赤玉土(小粒)4:川砂3:腐葉土もしくはピートモス3の割合で混ぜた土を使用します。地植えにする場合も水はけのよい場所を選んで植え付けます。水はけの悪い場所ではよく耕し、土を高く盛ってその上に植え付けるとよいでしょう。


【栽培のポイント】

日当たりの良い場所なら問題なく育ちます。水はけのよい砂質の土壌を好み、風通しが悪いと蒸れて枯れやすいので、風通しのよい場所が理想です。背丈が15cmくらいの時から軽い摘芯を行うと、こんもりとした株ができ上がります。鉢植えのものも丈夫な株にするために、春から秋にかけてはできるだけ屋外で栽培しましょう。肥料は、春~初夏、秋に固形肥料を適宜与えますが、梅雨から真夏の高温多湿時期は株が弱ることがあるので不要です。

耐寒性はある程度ありますが、霜や寒風に当たると株が傷むので、鉢植えの場合は、冬場はベランダや室内に移動させます。庭植えは株元を腐葉土などで覆って防寒し、強い風が当たるようなら風よけも行います。霜の心配がない暖地なら特になにもしなくても大丈夫です。

花の重みで株の形状が乱れやすいので、花は早めに収穫し常に株をきれいにしておきましょう。比較的生長が早く枝が混み蒸れやすいので、こまめに刈り込みましょう。花の時期に収穫をかねて、全体の半分くらいをばっさりと刈り込んでもよいでしょう。花壇の縁取りなどに連続的に四角く刈り込んだり、間隔をおいて植え込み、丸く仕立てたりすることができます。

鉢の中が根でいっぱいになったら植え替えが必要です。植え替えの適期は春なら3月~5月、秋なら9月~10月です。鉢から抜いた株は古い土を落とし、根を1/3くらい切りつめて、混み合っている枝や枯れ枝なども整理してから、ひと回り大きな容器に植え替えます。

挿し木で殖やすことができます。適期は4月か9月です。枝の先端を10cm前後に切って、水を与えた培養土に挿します。根が出るまで1ヶ月くらいるので、それまでこまめに水を与えて良い半日陰で風通しの場所で管理しましょう。春に挿し木したものは、根が出たらプランターや鉢、庭に植え替えます。秋に挿し木したものは、そのまま霜の当たらない場所で育て、春になってから植え替えます。

【病害虫】
茎葉自体に防虫成分が含まれているため、あまり病害虫はつきません。

【利用法】
黄色いボタンのような花や葉をタッジーマッジーやアレンジメントに利用したり、リースの材料にしてもよいでしょう。ドライフラワーとして利用する場合は、花茎ごと切り取って風通しの良い日陰で逆さに吊してよく乾かします。葉も乾燥させてポプリとして使います。防虫効果があるので、衣類の害虫駆除などに役立ちます。また、ガーデンなどの縁取りや生け垣に、好きな形に刈り込んで利用するのにも適しています。
※タッジーマッジーとは、ハーブなど芳香のある植物を束ねた小さな花束のことで、ラウンド型にまとめられた花束はノーズゲイとも呼ばれます。花嫁が持つブライダルブーケの由来とも言われています。
家庭菜園についての、姉妹サイトを作成しました。
どうぞご利用ください。

家庭菜園 楽しい家庭菜園プランター・ベランダ菜園|野菜の栽培・育て方
]


育てやすいハーブ


ラベンダー
バジルの栽培・育て方と種類
バジル
ハーブミントの栽培・育て方と種類
ミント
カモミールの栽培・育て方と種類
カモミール
セージの栽培・育て方と種類
セージ
ハーブタイムの栽培・育て方と種類
タイム
ハーブローズマリーの栽培・育て方と種類・効能
ローズマリー
オレガノの栽培・育て方と種類
オレガノ
ナスタチウムの栽培・育て方
ナスタチウム
マジョラムの栽と育て方
マジョラム
レモンバームの栽培・育て方
レモンバーム
イタリアンパセリの栽培・育て方
イタリアンパセ
カレープラントの栽培・育て方 
カレープラント
キャットニップの栽培・育て方
キャットニップ

タンジー

ヤロウ

ラムズイヤー
ハーブティーの効能と作り方
ハーブティー



料理向きのハーブ

カモミールのプランター栽培・育て方と種類 カモミール
ハーブ|バジルのプランター栽培・育て方と種類 バジル
ハーブ|ミントのプランター栽培・育て方と種類 ミント
ハーブ|セージのプランター栽培・育て方と種類 セージ
ハーブ|タイムのプランター栽培・育て方と種類 タイム
ローズマリーのプランター栽培・育て方と種類・効能 ローズマリー
オレガノのプランター栽培・育て方と種類 オレガノ
コリアンダー コリアンダー
サフラン サフラン
ステビア ステビア
タラゴン タラゴン
チャービル チャービル
チャイブ チャイブ
マジョラムのプランター栽培・育て方と種類 マジョラム
レモンバームのプランター栽培・育て方 レモンバーム
アーティチョーク ア-ティチョーク
キャラウェイ キャラウェイ
クレソン クレソン
コーンサラダ コーンサラダ
サボリ サボリ
ソレル ソレル
チコリ チコリ
ディル ディル
ヒソップ ヒソップ
フェンネル フェンネル
ベイ ベイ
レモングラス レモングラス
レモンバーベナ レモンバーベナ
ロケット(ルッコラ) ロケット



クラフト向きのハーブ

ラベンダーのプランター栽培・育て方と種類 ラベンダー
ハーブ|ミントのプランター栽培・育て方と種類 ミント
ローズマリーのプランター栽培・育て方と種類・効能 ローズマリー
チャイブ チャイブ
アーティチョーク アーティチョーク
アルカネット アルカネット
カレープラントのプランター栽培・育て方 カレープラント
キャットニップのプランター栽培・育て方キャットニップの栽培・育て方 キャットニップ
キャットミント キャットミント
サントリナ サントリナ
タンジーのプランター栽培・育て方 タンジー
フラックス フラックス
ベイ(月桂樹) ベイ
モナルダ モナルダ
レモングラス レモングラス
ローズヒップ ローズヒップ



ガーデニング向きのハーブ

ラベンダーのプランター栽培・育て方と種類 ラベンダー
カモミールのプランター栽培・育て方と種類 カモミール
ナスタチウムのプランター栽培・育て方 ナスタチウム
アルカネット アルカネット
サントリナ サントリナ
ジャシミン ジャスミン
スイートバイオレット スイートバイオレット
セントゼラニウム センテッドゼラニウム
ハニーサックル ハニーサックル
フラックス フラックス
マリーゴールド マリーゴールド
モナルダ モナルダ
ヤロウのプランター栽培・育て方 ヤロウ
ラムズイヤーのプランター栽培・育て方 ラムズイヤー



アロマテラピー効果のあるハーブ

ラベンダーのプランター栽培・育て方と種類 ラベンダー
ハーブ|バジルのプランター栽培・育て方と種類 バジル
ハーブ|ミントのプランター栽培・育て方と種類 ミント
カモミールのプランター栽培・育て方と種類 カモミール
ハーブ|セージのプランター栽培・育て方と種類 セージ
ハーブ|タイムのプランター栽培・育て方と種類 タイム
ローズマリーのプランター栽培・育て方と種類・効能 ローズマリー
オレガノのプランター栽培・育て方と種類 オレガノ
マジョラムのプランター栽培・育て方と種類 マジョラム
レモンバームのプランター栽培・育て方 レモンバーム
アロエベラ アロエ・ベラ
ジャシミン ジャスミン
セントゼラニウム センテッドゼラニウム
フェンネル フェンネル
ベイ(月桂樹) ベイ
ローズヒップ ローズヒップ




●ハーブの辞典●
ア行のハーブ アーティチョーク アルカネット アロエ・ベラ ★イタリアンパセリ ★オレガノ
カ行のハーブ ★カモミール ★カレープラント ★キャットニップ キャットミント
キャラウェイ クレソン コーンサラダ コリアンダー
サ行のハーブ(1) サフラン サボリ サントリナ 
サ行のハーブ(2) ジャスミン スイートバイオレット ステビア ★セージ センテッドゼラニウム ソレル
タ行のハーブ ★タイイム タラゴン ★タンジー チコリ チャイブ チャービル ディル
ナ行のハーブ ★ナスタチウム
ハ行のハーブ ★バジル ハニーサックル ヒソップ フェンネル フラックス ベイ
マ行・ヤ行のハーブ ★マジョラム マリーゴールド ★ミント モナルダ ★ヤロウ
ラ行のハーブ(1) ★ラベンダー ★ラムズイヤー レモングラス レモンバーベナ ★レモンバーム
ラ行のハーブ(2) ロケット ローズヒップ ★ローズマリー


★お勧めリンク集★
1 ハーブ  2 ハーブティー、紅茶、お茶  3 テラピー、アロマテラピー  4 レシピ・料理(1)
5 レシピ・料理(2)  6 スイーツ  7 栄養、サプリメント  8 ダイエット  9 健康関係(1)  10 健康関係(2)
11 ガーデニング  12 DIY、ログハウス  13 アウトドア  14 雑 貨  
15 野菜・家庭菜園(1)  16 野菜・家庭菜園(2)  17 植物関係(1)  18 植物関係(2)




家庭菜園についての、姉妹サイトを作成しました。
どうぞご利用ください。

家庭菜園 楽しい家庭菜園プランター・ベランダ菜園|野菜の栽培・育て方
    このページの一番上へ移動                            次のページ>>
Copyright (C)  All Rights Reserved 
ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー