ハーブの辞典5|魅力的なハ行のハーブ

ハーブの辞典5

その他の魅力的なハーブたち  
ハーブの辞典(は行)
楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
H E R B
その他の魅力的なハーブの
ご紹介ページです。

魅力的なハ行のハーブ


  サイトマップ

ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
トップページへ
家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方
姉妹サイトへ

★ハーブ栽培 基礎知識
 ハーブの効能と基礎知識
 ハーブ栽培の用具と材料
 ハーブ苗・植えつけと収穫
★ハーブ栽培・育て方
 
ハーブ◆ラベンダー
 
ハーブ◆バジル
 
ハーブ◆ミント
 
ハーブ◆カモミール
 
ハーブ◆セージ
 
ハーブ◆タイム
 
ハーブ◆ローズマリー
 
ハーブ◆オレガノ
 
ハーブ◆ナスタチウム
 
ハーブ◆マジョラム
 
ハーブ◆レモンバーム
 
ハーブ◆イタリアンパセリ
 
ハーブ◆カレープラント
 
ハーブ◆キャットニップ
 
ハーブ◆タンジー
 
ハーブ◆ヤロウ
 
ハーブ◆ラムズイヤー
ハーブティー
 
ハーブティー効能と作り方
 
ハーブティーの種類

 ハーブティーで花粉症対策


  ●ハーブの辞典
 ア行のハーブ 
 アーティチョーク
 
 アルカネット
 
 アロエ・ベラ 
 イタリアンパセリ
 オレガノ
 カ行のハーブ 
 カモミール 
 カレープラント
 キャットニップ
 キャットミント
 
 キャラウェイ 
 クレソン 
 コーンサラダ
 
 コリアンダー

 サ行のハーブ(1) 
 サフラン
 
 サボリ
 
 サントリナ 
 サ行のハーブ(2) 
 ジャスミン 
 スイートバイオレット 
 ステビア
 
 セージ
 センテッドゼラニウム 
 ソレル
 タ行のハーブ 
 タイム
 タラゴン
 ★タンジー
 チコリ
 
 チャイブ
 
 チャービル 
 ディル
 ナ行のハーブ
 ナスタチウム
 ハ行のハーブ 
 バジル
 ハニーサックル 
 ヒソップ 
 フェンネル 
 フラックス 
 ベイ

 マ行・ヤ行のハーブ 
 マジョラム
 マリーゴールド
 
 ミント
 モナルダ

 ★ヤロウ
 ラ行のハーブ(1)
 
ラベンダー
 ラムズイヤー
 レモングラス 
 レモンバーベナ 
 レモンバーム
 ラ行のハーブ(2) 
 ロケット 
 ローズヒップ
 ローズマリー

 ★お勧めリンク集
 1 ハーブ
 2 ハーブティー、紅茶
 3 アロマテラピー
 4 レシピ・料理(1)
 5 レシピ・料理(2)
 6 スイーツ
 7 栄養、サプリメント
 8 ダイエット
 9 健康関係(1)
 10 健康関係(2)
 11 ガーデニング
 12 DIY、ログハウス
 13 アウトドア
 14 雑 貨
 15 野菜・家庭菜園(1)
 16 野菜・家庭菜園(2)
 17 植物関係(1)
 18 植物関係(2)

  サイトマップ
  プロフィール

 相互リンク大募集


ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
トップページへ


家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方
姉妹サイトへ

ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
トップページへ


家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方
姉妹サイトへ

ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
トップページへ


家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方
姉妹サイトへ

ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
トップページへ


家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方
姉妹サイトへ

ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
トップページへ


家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方
姉妹サイトへ

ハ行のハーブ

ハニーサックル
別 名 : ニオイニンドウ
科 目 : スイカズラ科/
      つる性の落葉低木
植え付け : 春・秋
開花期 : 6〜9月
利用部位 : 花
草 丈 : 5〜6m 
ハニーサックル

ハニーサックルは、綺麗な細長いユニークな花をたわわに咲かせます。芳香があり、お客さまをもてなすウェルカムプラントとも呼ばれています。葉に日光が当れば株元は日陰でもよく育ちします。花数は少なくなりますが、半日陰でも旺盛に生育します。温暖地ではほぼ常緑で冷涼地だと落葉します。

【土作り】
庭植えが基本です。植え付け時によく耕し腐葉土等の有機物を入れ、元肥に緩効性化成肥料を混ぜます。鉢植えにする場合は、赤玉土6腐葉土4を混ぜたものを使用するか、市販の花と野菜の培養土を利用します。

【栽培のポイント】
よほどの日陰でなければ土質を選ばず、簡単に栽培できます。苗の植え付け時、土壌に堆肥または腐葉土を混ぜ込み、元肥として緩効性化成肥料を施します。植え付け時期は3〜4月です。極端な乾燥や過湿に弱いので、水やりは表土が乾いてから与えます。庭鉢植えの場合は、真夏の暑い時期に株元にマルチング(腐葉土、チップなど)をして乾燥を防ぎます。

真夏を避けた6〜9月に挿し木も可能で、挿し木でふやくことができます。つる性植物のため、庭植え鉢植えとも、誘引して支柱やフェンス、トレリスなどに絡ませて育てます。冬期、萌芽前に剪定します。生育は旺盛なので強く剪定しても大丈夫です。1〜2月ごろ余分なつるを刈り取りとよいでしょう。

2〜3月に、株元に堆肥または腐葉土と有機質肥料を混ぜ込み、月1回、ごく薄い液肥を水やり代わりに与えます。特に鉢植えは必要です。蕾が見え始めた頃に液肥を与えると花色がよくなり、芳香も強くなります。花は八分咲きのころ収穫し陰干して保存します。

鉢植えの植え替え適期は3〜4月で、腐葉土等の有機物を入れて、緩効性化成肥料を元肥として施し、植え替えます。
※実に毒があるので注意。

【病害虫
アブラムシや、夏の乾燥時期にハダニが発生します。アブラムシは薬剤を散布して防除します。ハダニは、葉に水を掛けてやることで予防します。

【利用法】

時間の経過に伴い白から黄色、そしてピンクと花の色が変わっていく、甘い香りのハーブです。たくさんの蜜を含むので、甘い香りを持つフラワーアレンジメントやポプリの材料として利用します。庭の垣根や、トレリスを使って玄関や入口などのアーチにしたり、草丈が大きくなり、つるがよく伸びる植物なので、ガーデンに躍動感を出したい時にぜひ使ってみたいハーブです。

ヒソップ
別 名 : ヤナギハッカ
科 目 : シソ科/多年草
種まき : 4〜6月、9〜10月
開花期 : 6〜9月
利用部位 : 花・葉
草 丈 : 40〜60cm
ヒソップ

シソ科の多年生半低木で、原産地は南ヨーロッパ、中央アジアの乾燥地域です。初夏に青紫色の花を咲かせ、葉にはサポリに似た苦味があり、肉・魚料理、豆料理などによく合います。

【土作り】
日当たりのよいところで、有機質に富む排水のよい土壌でよく育ちます。庭植えや路地植えの場合は、前もって1u当り苦土石灰50g、完熟堆肥1kg、有機配合肥料50gを施します。水はけをよくするため、高うねにします。

【栽培のポイント】
育苗の種まき時期は、暖かい地域は36月、寒い地域では56月です。ピートバン(育苗専用の園芸資材)または、土(種まき用土)を入れた育苗箱に、種がなるべく重ならないようにバラまきにします。種が隠れるくらいに薄く覆土し、発芽までまめに水やりをして土が乾燥しないよう管理します。発芽適温(地温)は20℃前後、発芽までの日数は510日、発芽したら込み合った所を間引きながら、しっかりとした苗に育てます。または、本葉が6枚ほどになったら、3号(9cm)ポリポットなどに仮植えします。

本葉8枚くらいに育ち底から根がはみ出してきたら、元肥を施した土壌に株間40cm間隔(蒸れに弱いので株間は広めにとります。)で植え付けます。コンテナの場合は、6号鉢に1株、65cmプランターでは3株を植えます。ヒソップは暑さ寒さに強く、草丈は5070cmに育ちますが、寒さの厳しい地域では、冬は株元に落葉などをかけて保護します。多湿な土壌では生育不良になるので、水やりはしおれ始めのころに与えます。コンテナの場合は、梅雨期に雨の当たらない場所に移動します。肥料のやりすぎもよくないので、元肥と、花後のお礼肥として粒状の化成肥料を少量与えるに止めます。

株が茂ってくると、中央部の枝や下葉が枯れやすくなるので、込み合った枝は収穫を兼ねて切り除き、風通しをよくし、花後に伸びすぎた枝を切り詰めます。生育期の晩春〜秋まで収穫できますが、苗が10cm以上に育ってから、若い葉を摘みます。大株になると生育が衰えてくるので、株を34年で更新します。春か秋に、挿し木や株分けで殖やすことができます。

【利用法】

美しい青やピンク、白の花は、ドライフラワーなどのクラフトやガーデンの装飾用におすすめで、観賞用や押し花、ポプリにも利用できます。また、葉にはさわやかなハッカのような香りと、サポリに似たほろ苦味があり、脂肪分の多い肉料理や魚料理、豆料理、ティーなどに利用します。生葉は、主にポテトサラダ、スープ、シチューなどに、乾燥葉は肉、魚料理、ソーセージやミートパイなどに利用します。乾燥葉は開花直前の枝をきって束ね、風通しのよい場所につって乾かします。青紫色の花が美しく、ガーデニングプランツとして親しまれています。押し花、ポプリ、ハーブティーにも利用できます。

フェンネル(フローレンスフェンネル)
科 目 : セリ科/多年草
種まき : 3〜4月、9〜10月
開花期 : 6〜8月
利用部位 : 全葉
草 丈 : 1〜2m
<効能・効用>
催乳、強壮、食欲増進、健胃
フローレンスフェンネル

原産地はヨーロッパ、地中海沿岸、西アジアで、草丈1m以上にも達する大型の耐寒性12年草です。葉と肥大した株元、種子を利用。「魚のハーブ」と呼ばれ魚介類を使った料理との相性がよく、世界中で利用されています。フェンネルはフローレンスフェンネルの他に、スイートフェンネル、ブロンズフェンネルなどがあります。

【土作り】
日当りと水はけがよく、肥沃な有機質に富んだ土を好みます。植えつけ前に、1u当たり苦土石灰120g、完熟堆肥3kg、有機配合肥料100gを施して、深く耕します。

【栽培のポイント】
植かえを嫌う性質があるので、庭、畑などに直まきにするか、ポットかプラグトレーに種をまき、本葉3〜4枚くらいで株間を40cmほどにし、堆肥などを元肥にして植えつけます。種まきの適期は、暖かい地域は35月(春)、または910月(秋)、寒い地域では47月です。発芽適温(地温)は20℃前後、発芽までの日数は510日です。

直まきの場合・・・うね間80cm
株間40cmで、810粒ずつ点まきにします。発芽したら、しっかりした苗を残して間引きし、本葉4〜5枚くらいで1本にします。

コンテナ(容器)栽培の場合・・・3号(9cm)ポットかプラグトレーに種を56粒まき、本葉3枚のころに間引いて、しっかりした苗1本にします。生育適温は1520℃。ポットに根が張ったころに、土を落とさないように抜いて、野菜栽培用の深く大きいコンテナ(容器)に植えつけます。コンテナの替わりに、庭や畑に植えつけてもよい。

※プラグトレーとは・・・小さな四角すいや円すいのポットが連なった育苗トレイの一種(プラグとはクサビの意味)で、種まき用土を入れて使用する。多数の苗を効率よく育苗できる。

栽培のポイントは、植えつけ時と春先に良質の堆肥を十分施すことです。種まきしてから1か月が経過したら生育を見ながら追肥し、また、花芽が伸び始めると倒れやすくなるので、早めに支柱を立てます。コンテナ(容器)栽培の場合は、乾きすぎないよう適宜水やりをします。株元(葉柄部)がふくらんできたら増し土し日光を遮ってやると、茎がみずみずしくやわらかい軟白茎となります。7月ごろに小さな美しい黄色い花を咲かせます。

冬は生長しないが、温暖な平坦地では緑葉がついたまま、矮化して越冬します。<矮化(わいか)とは、動植物が近縁の生物の一般的な大きさよりも小形なまま成熟すること。> 寒冷地では、秋冬には地上部は枯れますが、翌年またたくさんに脇芽を出して生長します。環境が適していればこぼれ種からもよく発芽し、あまり手をかけなくても丈夫に育ちます。ディルとは交雑しやすいので、種を採取する場合は近くに植えないようにします。

葉には強い芳香があり、春から秋まで長く収穫できます。葉は草丈20cm以上になってから摘みとり、増し土で日光を遮って作った軟白茎も収穫します。種の収穫は、夏の花後に花茎が少し茶褐色になってきたら花がらごと摘みとり、紙袋などに入れ乾燥させた後、取り分けます。

【病害虫】

日当たりよく肥沃な土壌であれば丈夫に育ち、病害虫の発生は少ないです。夏〜秋にアゲハ蝶の幼虫が葉を食害することがあるので、見つけしだい捕殺し被害を防除します。

【利用法】
葉と肥大した株元、そして種子を利用するハーブです。葉は肉や魚料理の風味づけ、ピクルス、サラダなどに。肥大した株元はサラダ、種子はスパイス、ハーブティー、菓子に利用します。さらに、花はドライフラワーにもできます。

フラックス
別 名 アマ、リナム
科 目
: アマ科/一年草
種まき : 春、秋
開花期 : 6〜7月
利用部位 : 全草(主に種子)
草 丈 : 40〜100cm
フラックス

フラックスはいろいろな呼び方があります。日本名はアマ(亜麻)、宿根草のものは宿根アマ(宿根亜麻)、英名はフラックス(flax)、宿根草だとペレニアルフラックス。学名がリナム(linum)。宿根草だとリナム・ペレンネ。

フラックスは、北半球の温帯、亜熱帯に約200種類が分布する植物で、日本にもマツバニンジン1種が自生します。よく知られているのは、ベニバナアマ(紅花亜麻)、シュッコンアマ(宿根亜麻)、アマ(亜麻)3種で、主に栽培されているのは前者2種です。

ベニバナアマ(リナム・グランディフロルム)は北アメリカ原産の一年草で、観賞用に広く栽培されています。花は紅色で中心部分が黒紫になり、開花期は4-7月、9-10月です。ピンクや白の園芸品種があり、代表的な品種に「スカーレット・フラックス」があります。

シュッコンアマ(リナム・ペレンネ)は多年草で毎年花を咲かせ、
すらりと茎を伸ばして、小さなブルーや白の花をたくさん咲かせます。アマと同じように、茎やタネをハーブとして利用します。

アマ(リナム・ウシタティッシムム)は、紀元前からハーブとして栽培されており、種から搾られる油は食用や工芸用の亜麻仁油油絵の具のとき油や塗料の原料)になり、茎から採れる繊維は主に織物のリネンとして利用します。6-7月に青色の花を咲かせ、「亜麻色」はアマの繊維の色に由来します。

リネン(英:linen : リネンとは、亜麻の繊維を原料とした織物の総称。リンネルとも呼ぶ。一般には薄地のさらりとした丈夫で吸湿性がある織物をさし光沢がある。素地の色は白か淡い黄色で、「麦わら色」「象牙色」などと形容される。夏物の衣服のほか、敷布・テーブルクロス・ハンカチ・レース地など広い用途を持つ。

【土作り】
日当たりがよい場所と、水はけのよい土を好みます。水はけがよければ土質は特に選びません。鉢植えの場合は市販の培養土を利用するか、赤玉土(小粒)7:腐葉土3の割合で混ぜた用土を用います。庭に植える場合は、1株がほっそりした印象なので、数多く育てた方が見栄えがします。やせ気味の土地でもよく育ち、肥料はさほど必要なく、土に緩効性肥料(ゆっくり効く粒状肥料)を混ぜておけば十分です。

【栽培のポイント】

フラックスは暑さにやや弱く冷涼な気候を好む植物で、かつて北海道で広く栽培されていました。日当たりが悪いと花付きが悪くなるので、日当たりよい場所で育てます。フラックスの種まき適期は、春まきは3月下旬-4月、秋まきは9月下旬-10月です。暑さにやや弱いなどの特徴を考えると、平地や暖地では秋まきの方が育てやすいです。通常は庭や鉢に直接まいて間引きながら育てますが、育苗して植え付けても栽培できます。苗の場合は根を傷めると根付きにくいので、根鉢を崩さないように植えつけます。植え付けたら、たっぷりと水やりをします。

種から育てる場合、フラックスは茎が細く倒れやすいので、株どうしが支え合うくらい密に栽培します。種をスジまきにしてそのまま生長させ、込み合いが著しい箇所だけ間引きします。またはやや広い面積に直まきして花畑風にするのがよいでしょう。種まき後は軽く覆土し発芽するまで水を与え、鉢植えなどにする場合など必要に応じて支柱を立てます。初夏には美しい花が楽しめます。一年草のフラックスは放任でも花が咲くほど丈夫なので、空き地などの広い場所があれば種をまいてみるのも楽しいです。

水は土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。乾燥を好む傾向があるので水のやり過ぎに注意します。土が常に湿っている状態では多湿で、根腐れを起こしやすくいなります。やせ気味の土地でもよく育ち、肥料はさほど必要なく、土に緩効性肥料(ゆっくり効く粒状肥料)を混ぜておけば十分です。

8月〜9月中旬、種が熟して黄色くなってきたら、茎ごと刈り取り追熟させます。繊維をとる場合は、花後に茎を刈り取り、水につけて腐らせ、たたいて繊維をとります。

一年草のフラックスは花後に枯れるので夏越しの必要はありませんが、毎年花を咲かせるシュッコンアマ(ペレニアルフラックス)は、できるだけ風通しのよい涼しい場所で夏越しさせます。寒さには強く、霜に当てなければ戸外で越冬できます。また、フラックスは特に植え替えの必要はありません。

【病害虫】
病害虫は特に見られません。

【利用法】
フラックスは紀元前からハーブとして栽培されており、種から搾られる油は食用や工芸用の亜麻仁油油絵の具のとき油や塗料の原料)になり、茎から採れる繊維は主に織物のリネンとして利用します。

一般家庭では青い美しい花を生かして、主にガーデニングや切り花、ポプリ、クラフトの材料にしたり、ハーブバスとして利用してもよいでしょう。また、さく果がついてからドライフラワーにすると、全体が金色のような色になりきれいです。

フラックスは、土壌改良の効果のある緑肥としても知られています。緑肥とは、栽培している植物を収穫せず、そのまま田畑にすきこみ後から栽培する作物の肥料にすること。また、ニンジン、ジャガイモのコンパニオンプランツとして利用できます。

ベイ(月桂樹)
別 名 : 月桂樹、ローレル、
     ローリエ、ベイリーフ
科 目 :クスノキ科

開花期 : 5〜6月
利用部位 : 葉
草 丈 : 7〜20m
ベイ

別名は月桂樹。地中海沿岸に広く分布する常緑性広葉樹で、大きくなると樹高は10m以上にもなります。カレーやシチューなど煮込み料理に入れる葉っぱ(香辛料)としてよく知られています。植栽の北限は宮城県あたりです。

【土作り】
丈夫な植物で特に土質は選びません。鉢植えの場合は赤玉土(中〜小粒)6:腐葉土4を混ぜたものを使用し、堆肥を1割ほど混ぜてもよいでしょう。庭植えにする場合は水はけがよい場所を選びます。

【栽培のポイント】

日当たりのよい場所と水はけのよい土を好みますが、やや日陰気味の場所でもよく育ちます。枝が横に張らずまっすぐに上に伸びるので、比較的狭い場所でも育てられる樹木です。植えつけの適期は5月頃です。60〜100cmの苗木を、堆肥などを元肥にして6号鉢程度の鉢に植えます。枝ぶりのよい苗木を庭に植え込んでもよいでしょう。植え付けた後はたっぷりと水を与えます。余分な枝葉を落としてから植えると水分の蒸発が抑えられ、早く根付くようになります。

庭など地植えの場合は一度根付いてしまえば特に水やりの必要はなく、鉢植えの場合も水やりは控えめにし、土の表面が乾いてから与えるようにしましょう。生育が旺盛なので肥料は必要で、粒状化成肥料と油かすを同じ量混ぜ合わせ、冬(1〜2月)と夏(8〜9月)に1回ずつ与えます。庭木など地植えの場合は、2つかみ程度株元から少し離した場所に与え、鉢植えは、量を鉢の大きさに応じて加減します。

芽吹く力と枝の伸びる勢いが非常に強いので、枝を年に2回か〜3回刈り込み(剪定)を行います。剪定の適期は、春なら4月または秋なら10月〜11月で、多少短く刈り込んでも生育上問題ないので、バランスを見ながら色々な仕立て方を楽しむことができます。枝がまっすぐ上に伸びる性質があるので、すらっとした円筒形などの仕立て方が一番簡単です。蒸れると病害虫などの支障が出るので、剪定時には重なり合った枝は切り落として、なるべく風通しをよくしましょう。

鉢植えは、鉢の中が根でいっぱいになったら、一回り大きな鉢に植え替えます。植え替えの適期は4〜5月で、植え替える時は根を傷つけないように注意します。

常緑性の樹木なので葉は一年を通して収穫することができますが、苗が小さい内は生長させることに専念し、あまり収穫しない方が無難です。収穫する葉は若葉ではなく、半年以上経過したものが適しています。枝の選定時、切り落とした枝からよさそうな葉を採れば、手間が省けて楽に収穫できます。収穫した葉は水洗いした後、ざるなどに広げて乾燥させて、お茶缶や空きビンなどの適当な容器に保存します。

挿し木でふやすことができ、適期は6〜8月です。その年に伸びた枝の中で元気なものを選び、先端から12〜3cmの長さに切り、1時間ほど水に挿した後、小粒の赤玉土を入れた小鉢に挿します。日陰で乾燥しないように管理し、根が出始めたら大きめな鉢に移して育てます。

【病害虫】

害虫がつきやすく、カイガラムシ、ハマキムシ、テッポウムシなどの被害が見られますが、適度に剪定して内側の風通しや日当たりをよくすることにより、病害虫の発生を抑えることができます。

【利用法】

シチュー、スープなどの煮込み料理の香りづけの他に、防虫剤代わりに米びつやタンスに入れたりします。ピクルスなどに利用したり、リースの素材としても利用します。生け垣や、トピアリー仕立てにして楽しむこともできます。乾燥させた葉の方が甘い香りです。
※トピアリーとは・・・樹木や低木を刈り込んで作成される造形物のことで、鳥や動物,三角や四角,丸などの幾何学的な形に仕立てたもの。14世紀のイタリアで発達したものと考えられ,整形式の庭園では重要な役割を果たす。日本トピアリー協会
家庭菜園についての、姉妹サイトを作成しました。
どうぞご利用ください。

家庭菜園 楽しい家庭菜園プランター・ベランダ菜園|野菜の栽培・育て方



育てやすいハーブ


ラベンダー
バジルの栽培・育て方と種類
バジル
ハーブミントの栽培・育て方と種類
ミント
カモミールの栽培・育て方と種類
カモミール
セージの栽培・育て方と種類
セージ
ハーブタイムの栽培・育て方と種類
タイム
ハーブローズマリーの栽培・育て方と種類・効能
ローズマリー
オレガノの栽培・育て方と種類
オレガノ
ナスタチウムの栽培・育て方
ナスタチウム
マジョラムの栽と育て方
マジョラム
レモンバームの栽培・育て方
レモンバーム
イタリアンパセリの栽培・育て方
イタリアンパセ
カレープラントの栽培・育て方 
カレープラント
キャットニップの栽培・育て方
キャットニップ

タンジー

ヤロウ

ラムズイヤー
ハーブティーの効能と作り方
ハーブティー



料理向きのハーブ

カモミールのプランター栽培・育て方と種類 カモミール
ハーブ|バジルのプランター栽培・育て方と種類 バジル
ハーブ|ミントのプランター栽培・育て方と種類 ミント
ハーブ|セージのプランター栽培・育て方と種類 セージ
ハーブ|タイムのプランター栽培・育て方と種類 タイム
ローズマリーのプランター栽培・育て方と種類・効能 ローズマリー
オレガノのプランター栽培・育て方と種類 オレガノ
コリアンダー コリアンダー
サフラン サフラン
ステビア ステビア
タラゴン タラゴン
チャービル チャービル
チャイブ チャイブ
マジョラムのプランター栽培・育て方と種類 マジョラム
レモンバームのプランター栽培・育て方 レモンバーム
アーティチョーク ア−ティチョーク
キャラウェイ キャラウェイ
クレソン クレソン
コーンサラダ コーンサラダ
サボリ サボリ
ソレル ソレル
チコリ チコリ
ディル ディル
ヒソップ ヒソップ
フェンネル フェンネル
ベイ ベイ
レモングラス レモングラス
レモンバーベナ レモンバーベナ
ロケット(ルッコラ) ロケット



クラフト向きのハーブ

ラベンダーのプランター栽培・育て方と種類 ラベンダー
ハーブ|ミントのプランター栽培・育て方と種類 ミント
ローズマリーのプランター栽培・育て方と種類・効能 ローズマリー
チャイブ チャイブ
アーティチョーク アーティチョーク
アルカネット アルカネット
カレープラントのプランター栽培・育て方 カレープラント
キャットニップのプランター栽培・育て方キャットニップの栽培・育て方 キャットニップ
キャットミント キャットミント
サントリナ サントリナ
タンジーのプランター栽培・育て方 タンジー
フラックス フラックス
ベイ(月桂樹) ベイ
モナルダ モナルダ
レモングラス レモングラス
ローズヒップ ローズヒップ



ガーデニング向きのハーブ

ラベンダーのプランター栽培・育て方と種類 ラベンダー
カモミールのプランター栽培・育て方と種類 カモミール
ナスタチウムのプランター栽培・育て方 ナスタチウム
アルカネット アルカネット
サントリナ サントリナ
ジャシミン ジャスミン
スイートバイオレット スイートバイオレット
セントゼラニウム センテッドゼラニウム
ハニーサックル ハニーサックル
フラックス フラックス
マリーゴールド マリーゴールド
モナルダ モナルダ
ヤロウのプランター栽培・育て方 ヤロウ
ラムズイヤーのプランター栽培・育て方 ラムズイヤー



アロマテラピー効果のあるハーブ

ラベンダーのプランター栽培・育て方と種類 ラベンダー
ハーブ|バジルのプランター栽培・育て方と種類 バジル
ハーブ|ミントのプランター栽培・育て方と種類 ミント
カモミールのプランター栽培・育て方と種類 カモミール
ハーブ|セージのプランター栽培・育て方と種類 セージ
ハーブ|タイムのプランター栽培・育て方と種類 タイム
ローズマリーのプランター栽培・育て方と種類・効能 ローズマリー
オレガノのプランター栽培・育て方と種類 オレガノ
マジョラムのプランター栽培・育て方と種類 マジョラム
レモンバームのプランター栽培・育て方 レモンバーム
アロエベラ アロエ・ベラ
ジャシミン ジャスミン
セントゼラニウム センテッドゼラニウム
フェンネル フェンネル
ベイ(月桂樹) ベイ
ローズヒップ ローズヒップ




●ハーブの辞典●
ア行のハーブ アーティチョーク アルカネット アロエ・ベラ ★イタリアンパセリ ★オレガノ
カ行のハーブ ★カモミール ★カレープラント ★キャットニップ キャットミント
キャラウェイ クレソン コーンサラダ コリアンダー
サ行のハーブ(1) サフラン サボリ サントリナ 
サ行のハーブ(2) ジャスミン スイートバイオレット ステビア ★セージ センテッドゼラニウム ソレル
タ行のハーブ ★タイイム タラゴン ★タンジー チコリ チャイブ チャービル ディル
ナ行のハーブ ★ナスタチウム
ハ行のハーブ ★バジル ハニーサックル ヒソップ フェンネル フラックス ベイ
マ行・ヤ行のハーブ ★マジョラム マリーゴールド ★ミント モナルダ ★ヤロウ
ラ行のハーブ(1) ★ラベンダー ★ラムズイヤー レモングラス レモンバーベナ ★レモンバーム
ラ行のハーブ(2) ロケット ローズヒップ ★ローズマリー


★お勧めリンク集★
1 ハーブ  2 ハーブティー、紅茶、お茶  3 テラピー、アロマテラピー  4 レシピ・料理(1)
5 レシピ・料理(2)  6 スイーツ  7 栄養、サプリメント  8 ダイエット  9 健康関係(1)  10 健康関係(2)
11 ガーデニング  12 DIY、ログハウス  13 アウトドア  14 雑 貨  
15 野菜・家庭菜園(1)  16 野菜・家庭菜園(2)  17 植物関係(1)  18 植物関係(2)




家庭菜園についての、姉妹サイトを作成しました。
どうぞご利用ください。

家庭菜園 楽しい家庭菜園プランター・ベランダ菜園|野菜の栽培・育て方
    このページの一番上へ移動                            次のページ>>
Copyright (C)  All Rights Reserved 
ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー