ハーブの辞典6|魅力的なマ行・ヤ行のハーブ

ハーブの辞典6

その他の魅力的なハーブたち  
ハーブの辞典(マ行・ヤ行)
楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
H E R B
その他の魅力的なハーブの
ご紹介ページです。

魅力的なマ行・ヤ行のハーブ


  サイトマップ

ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
トップページへ
家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方
姉妹サイトへ

★ハーブ栽培 基礎知識
 ハーブの効能と基礎知識
 ハーブ栽培の用具と材料
 ハーブ苗・植えつけと収穫
★ハーブ栽培・育て方
 
ハーブ◆ラベンダー
 
ハーブ◆バジル
 
ハーブ◆ミント
 
ハーブ◆カモミール
 
ハーブ◆セージ
 
ハーブ◆タイム
 
ハーブ◆ローズマリー
 
ハーブ◆オレガノ
 
ハーブ◆ナスタチウム
 
ハーブ◆マジョラム
 
ハーブ◆レモンバーム
 
ハーブ◆イタリアンパセリ
 
ハーブ◆カレープラント
 
ハーブ◆キャットニップ
 
ハーブ◆タンジー
 
ハーブ◆ヤロウ
 
ハーブ◆ラムズイヤー
ハーブティー
 
ハーブティー効能と作り方
 
ハーブティーの種類

 ハーブティーで花粉症対策


 ●ハーブの辞典
 ア行のハーブ 
 アーティチョーク
 
 アルカネット
 
 アロエ・ベラ 
 イタリアンパセリ
 オレガノ
 カ行のハーブ 
 カモミール 
 カレープラント
 キャットニップ
 キャットミント
 
 キャラウェイ 
 クレソン 
 コーンサラダ
 
 コリアンダー

 サ行のハーブ(1) 
 サフラン
 
 サボリ
 
 サントリナ 
 サ行のハーブ(2) 
 ジャスミン 
 スイートバイオレット 
 ステビア
 
 セージ
 センテッドゼラニウム 
 ソレル
 タ行のハーブ 
 タイム
 タラゴン
 ★タンジー
 チコリ
 
 チャイブ
 
 チャービル 
 ディル
 ナ行のハーブ
 ナスタチウム
 ハ行のハーブ 
 バジル
 ハニーサックル 
 ヒソップ 
 フェンネル 
 フラックス 
 ベイ

 マ行・ヤ行のハーブ 
 マジョラム
 マリーゴールド
 
 ミント
 モナルダ

 ★ヤロウ
 ラ行のハーブ(1)
 
ラベンダー
 ラムズイヤー
 レモングラス 
 レモンバーベナ 
 レモンバーム
 ラ行のハーブ(2) 
 ロケット 
 ローズヒップ
 ローズマリー

 ★お勧めリンク集
 1 ハーブ
 2 ハーブティー、紅茶
 3 アロマテラピー
 4 レシピ・料理(1)
 5 レシピ・料理(2)
 6 スイーツ
 7 栄養、サプリメント
 8 ダイエット
 9 健康関係(1)
 10 健康関係(2)
 11 ガーデニング
 12 DIY、ログハウス
 13 アウトドア
 14 雑 貨
 15 野菜・家庭菜園(1)
 16 野菜・家庭菜園(2)
 17 植物関係(1)
 18 植物関係(2)

  サイトマップ
  プロフィール

 相互リンク大募集


ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
トップページへ


家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方
姉妹サイトへ

マ行・ヤ行のハーブ

マリーゴールド
別 名 : キンセンカ、トウキンセンカ、
      カレンデュラ
科 目 : キク科キンセンカ属
     /1〜2年草
種まき : 春、秋
開花期 : 3〜6月
利用部位 : 花
草 丈 : 20〜40cm
マリーゴールド

メキシコ原産の、暑さに強い開花期間の長い一年草です。鮮やかなオレンジ色のポット・マリーゴールドは、キンセンカとして日本でもよく親しまれています。大きく分けて、アフリカン種とフレンチ種があります。花壇に植え込むと、根で害虫を撃退する働きがあり他の植物に優しいハーブです。

【土作り】
日当たりと水はけがよければ土質は選びませんが、仲間のフレンチマリーゴールドとは反対に酸性の土を嫌います。庭など地植えの場合は、1u当たり完熟堆肥3kg、化成肥料50g(約2握り)、苦土石灰を適量入れて深く耕し、株間2530cmで植えつけます。鉢植えの場合は、市販の培養土腐葉土と小粒の赤玉土を各20%ほど混ぜ、水もちと水はけをよくします。鉢植えの場合も苦土石灰を適量混ぜます。

【栽培のポイント】
種まきの適期は45発芽適温は15℃〜20℃です。清潔な土を使い、128穴のセルトレーでは各セルに2粒ずつ、播種箱では5cm間隔で2粒を点まきにし、種が大きいので、5mmほどしっかりと覆土し、たっぷりと水やりします。ジフィーセブンなどに直接まくと、植え替えの手間を省くことができます。発芽率もよく発芽日数も比較的短いので扱いやすいです。

日当たりと風とおしのよい場所で、過湿にならないように水やりに注意して健康な苗に育てます。暖かい地方では、春まきにするとひょろひょろの弱々しい株になるので、秋まきにするか、市販の苗から育てます。 本葉が10枚ほどの苗に生長したら頂点から1-2節の位置で芽先を切り落とします。そうすると脇から芽が出て来て形のよいボリュームのある苗になります。

梅雨時期(7月中頃)にタネをまくと夏に苗が育ち、秋に花を咲かせます。秋花壇に利用する場合などは梅雨時期の種まきも可能ですが、この時期の気温は発芽適温に比べて高く、発芽不良を起こすこともあります。

本葉が2〜3枚になったころ、庭など地植えの場合は、日当たりと水はけのよい場所に、株間2530cmで植えつけます。コンテナ(容器)栽培の場合は、60cmのプランターで35株、15cm鉢で1株植えが標準です。日当たりが悪いと株が軟弱になり、花つきが悪くなるのでよく日光に当てます。

土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えて、極端な乾燥と過湿に注意します。真夏の高温乾燥期にはハダニがつきやすいので、葉にもたっぷりと水をかけて予防します。また、真夏期は敷きワラをして、乾燥を防ぎます。長期間花を咲かせるので、スタミナ切れしないように、週1回株当たり35gほどの化成肥料液肥を与えます。ただし、真夏の暑さで生育が衰えたり、花が咲かなくなった場合は肥料をストップし、秋に涼しくなってから再開します。

フレンチ種やその系統の場合、真夏の暑い時期は一時的に開花が止まりますが、秋に涼しくなると再び咲き始め、特に秋はよく花を咲かせるようになります。枯れた花はこまめに花茎ごと切り落とし、鉢植えやプランターで育てる場合は風通しのよいところで管理して熱がたまらないようにしましょう。

茎葉が茂り過ぎて混みあうと、蒸れて生育が弱くなり、開花も途切れてしまいます。枝葉が混みあっている箇所は早めに間引いて、風通しを良くしましょう。また、8月下旬くらいに一度草丈を半分くらいにばっさり切り戻すと、10月頃に再びきれいに花を咲かせてくれます。特にフレンチ種は耐暑性が弱く夏はあまり花を咲かせないので、切り戻しを行いましょう。

一年草で冬前には枯れてしまうため、一度植え付けたら植え替の必要ありません。花の咲いていない茎を切って土に挿しておいても簡単に根付きます。種まきのシーズンから外れてしまった時は、この方法で苗を作ると良いでしょう。

【病害虫】
アブラムシ、アオムシ、ヨトウムシなどの発生と、高温乾燥期にはハダニがつきやすいので、定期的に薬剤を散布します。ハダニは植物の栄養を吸って生長を妨げてしまいます。

【利用法】

草丈が30cmほどのわい性品種で、乾燥させた花弁をティーに利用したり、サフランの代用品として料理の色づけに利用したり、その他ポプリや染色に用います。花壇の縁どりやコンテナの寄せ植えに向きます。花壇に植え込むと、根で害虫を撃退する働きもあり、また、家庭菜園の大敵の「ネコブセンチュウ」の忌避効果があるなど他の植物に優しいハーブです。マリーゴールドは種類が多く、マリーゴールドだけでのお花畑も楽しめます。一輪挿しで室内飾りもできます。鮮やかなオレンジ色のポット・マリーゴールドは、キンセンカとして日本でもよく親しまれています。
・アフリカン種
一般的に大型種が多く(草丈は50cm2m)、鉢植えにはあまり向きません。大きく生長し他の植物を隠してしまうので、花壇に植えるなら後方に植えます。
・フレンチ種
小〜中型種が多く(草丈が15cm〜40cmほど)、鉢植えやコンテナ栽培に向いています。花壇にたくさん植えると、満開時、花のじゅうたんのようになります。暑さに弱く30℃を超すと花が咲かなくなります。

モナルダ
別 名 : タイマツバナ、ベルガモット、
      ビー・バーム
科 目 : シソ科/多年草
種まき : 4〜5月、9〜10月
開花期 : 7〜9月
利用部位 : 花・葉
草 丈 : 60〜100cm
モナルダ

モナルダは北米原産のシソ科の一属で、若い葉にイタリア産のベルガモット・オレンジによく似た香りがあるため、ベルガモットの名でも親しまれています。花の色は赤、ピンク、白、紫などがあり、燃えさかる炎のような花の形が印象的。草丈は高さは20〜90センチ、大きいものでは1mを越します。北アメリカに16種ほどが分布しています。

【土作り】
やや湿り気があり、水はけ・水もちのよい土が適します。植え付ける前に1u当たり10gの腐葉土と、100gの遅効性の粒状肥料(マグァンプKなど)を混ぜ込みます。土質は選ばないので苦土石灰は不要です。鉢植えの場合は、赤玉土(小粒)6:腐葉土3:バーミキュライト1:の割合で作った土に、土1g当たり粒状肥料3gも混ぜます。

【栽培のポイント】
日当たりと風通しのよい場所を好み、路地(庭)植えでも鉢植えでもどちらも栽培できます。種から育てる場合は4月ごろ、種を苗床に数個ずつ点まきし、種が隠れるくらい23ミリ覆土します。発芽後少しずつ間引きし育苗しましょう。本葉が6〜7枚くらいに生育したら、鉢植えの場合は10号程度の大きめの鉢に1株ずつ、路地植えなら株間を4050cm空けて定植します。

生育温度は15から25です。日当たりを好みますが、真夏の強烈な直射日光を嫌うので、年間を通して明るい半日陰か、午前中よく日が当り午後から日陰になるような場所が、植えつけ場所として適しています。場合によっては日除けなどで強い直射日光を避けましょう。鉢植えの場合は、夏場は半日陰の場所に移動します。防寒性はあるので屋外で充分越冬可能です。

花が咲き終わったら、花首の当たりで切り落とします。また、混み合った部分は刈り込むなどして風通しをよくしましょう。枝葉が混み合うと、蒸れて下葉が枯れて病気にかかりやすくるので要注意です。花が咲くのは2年目以降の夏です。冬場は地上部は枯れますが、地下茎はそのまま越冬し、早春の頃に新芽が出てきます。

葉については、5〜10月に随時収穫可能ですが、香りの強い開花寸前の6月下旬頃(地域にもよります)がよいでしょう。花は夏場に収穫します。

地植えの場合は植え替えの必要ありませんが、鉢植えの場合は成長とともに根が詰まってくるので、
年1回、一回り大きな鉢に植え替えましょう。植え替えの適期は3〜4月と9〜10月です。

株分けするか挿し芽でふやせます。株分けの適期は春の3中旬〜4月中旬と、秋の9中旬〜10月中旬です。秋の株分けは、株元から15cmくらいの所で茎を刈り取ってから掘り上げ、地下茎を切り分けます。挿し芽は成長の盛んな56月が適期です。モナルダの枝先を先端から15cmぐらいの位置で切り離し、土に挿す下の部分の葉を取り除き、1時間ほど水に挿して吸水させてから小粒の赤玉土、または川砂やバーミキュライトに挿します。根が出るまで乾かさないように明るい日陰に置いて管理しましょう。

【病害虫】

極端な乾燥と湿気が苦手でウドンコ病になりやすく、梅雨時期から夏にかけて定期的にサプロール、トリフミンなどの水和性の薬剤を散布して予防します。発生した場合はウドンコ病の葉を取り除いて処分します。

【利用法】

タイマツのような真っ赤で情熱的な花をつけ、切り花や花壇の彩り、ポプリなどにも利用できます。香水のように甘く強い香りがあり、葉や花をドライにしてフレーバーティーもおすすめで、リラックス効果があります。エディブルフラワーで、美しい花びらをサラダやクッキー、ティー、ケーキのトッピングなどに使います。香りが強いので少量を使うのがコツです。その他にも茎ごと乾燥させてドライフラワーにしたり、染色にも利用します。また切り花にしても花もちがよく楽しめます。

ヤロウ
別 名 : セイヨウノコギリソウ
科 目 : キク科/多年草
種まきと植え付け : 4〜6月、9〜10月
開花期 : 7〜9月
利用部位 : 全草
草 丈 : 50〜80cm
ヤロウ
【土作り】 【栽培のポイント】 【利用法】につきましては、
本文をご参照ください。
 ヤロウのプランター栽培・育て方
家庭菜園についての、姉妹サイトを作成しました。
どうぞご利用ください。

家庭菜園 楽しい家庭菜園プランター・ベランダ菜園|野菜の栽培・育て方



育てやすいハーブ


ラベンダー
バジルの栽培・育て方と種類
バジル
ハーブミントの栽培・育て方と種類
ミント
カモミールの栽培・育て方と種類
カモミール
セージの栽培・育て方と種類
セージ
ハーブタイムの栽培・育て方と種類
タイム
ハーブローズマリーの栽培・育て方と種類・効能
ローズマリー
オレガノの栽培・育て方と種類
オレガノ
ナスタチウムの栽培・育て方
ナスタチウム
マジョラムの栽と育て方
マジョラム
レモンバームの栽培・育て方
レモンバーム
イタリアンパセリの栽培・育て方
イタリアンパセ
カレープラントの栽培・育て方 
カレープラント
キャットニップの栽培・育て方
キャットニップ

タンジー

ヤロウ

ラムズイヤー
ハーブティーの効能と作り方
ハーブティー



料理向きのハーブ

カモミールのプランター栽培・育て方と種類 カモミール
ハーブ|バジルのプランター栽培・育て方と種類 バジル
ハーブ|ミントのプランター栽培・育て方と種類 ミント
ハーブ|セージのプランター栽培・育て方と種類 セージ
ハーブ|タイムのプランター栽培・育て方と種類 タイム
ローズマリーのプランター栽培・育て方と種類・効能 ローズマリー
オレガノのプランター栽培・育て方と種類 オレガノ
コリアンダー コリアンダー
サフラン サフラン
ステビア ステビア
タラゴン タラゴン
チャービル チャービル
チャイブ チャイブ
マジョラムのプランター栽培・育て方と種類 マジョラム
レモンバームのプランター栽培・育て方 レモンバーム
アーティチョーク ア−ティチョーク
キャラウェイ キャラウェイ
クレソン クレソン
コーンサラダ コーンサラダ
サボリ サボリ
ソレル ソレル
チコリ チコリ
ディル ディル
ヒソップ ヒソップ
フェンネル フェンネル
ベイ ベイ
レモングラス レモングラス
レモンバーベナ レモンバーベナ
ロケット(ルッコラ) ロケット



クラフト向きのハーブ

ラベンダーのプランター栽培・育て方と種類 ラベンダー
ハーブ|ミントのプランター栽培・育て方と種類 ミント
ローズマリーのプランター栽培・育て方と種類・効能 ローズマリー
チャイブ チャイブ
アーティチョーク アーティチョーク
アルカネット アルカネット
カレープラントのプランター栽培・育て方 カレープラント
キャットニップのプランター栽培・育て方キャットニップの栽培・育て方 キャットニップ
キャットミント キャットミント
サントリナ サントリナ
タンジーのプランター栽培・育て方 タンジー
フラックス フラックス
ベイ(月桂樹) ベイ
モナルダ モナルダ
レモングラス レモングラス
ローズヒップ ローズヒップ



ガーデニング向きのハーブ

ラベンダーのプランター栽培・育て方と種類 ラベンダー
カモミールのプランター栽培・育て方と種類 カモミール
ナスタチウムのプランター栽培・育て方 ナスタチウム
アルカネット アルカネット
サントリナ サントリナ
ジャシミン ジャスミン
スイートバイオレット スイートバイオレット
セントゼラニウム センテッドゼラニウム
ハニーサックル ハニーサックル
フラックス フラックス
マリーゴールド マリーゴールド
モナルダ モナルダ
ヤロウのプランター栽培・育て方 ヤロウ
ラムズイヤーのプランター栽培・育て方 ラムズイヤー



アロマテラピー効果のあるハーブ

ラベンダーのプランター栽培・育て方と種類 ラベンダー
ハーブ|バジルのプランター栽培・育て方と種類 バジル
ハーブ|ミントのプランター栽培・育て方と種類 ミント
カモミールのプランター栽培・育て方と種類 カモミール
ハーブ|セージのプランター栽培・育て方と種類 セージ
ハーブ|タイムのプランター栽培・育て方と種類 タイム
ローズマリーのプランター栽培・育て方と種類・効能 ローズマリー
オレガノのプランター栽培・育て方と種類 オレガノ
マジョラムのプランター栽培・育て方と種類 マジョラム
レモンバームのプランター栽培・育て方 レモンバーム
アロエベラ アロエ・ベラ
ジャシミン ジャスミン
セントゼラニウム センテッドゼラニウム
フェンネル フェンネル
ベイ(月桂樹) ベイ
ローズヒップ ローズヒップ




●ハーブの辞典●
ア行のハーブ アーティチョーク アルカネット アロエ・ベラ ★イタリアンパセリ ★オレガノ
カ行のハーブ ★カモミール ★カレープラント ★キャットニップ キャットミント
キャラウェイ クレソン コーンサラダ コリアンダー
サ行のハーブ(1) サフラン サボリ サントリナ 
サ行のハーブ(2) ジャスミン スイートバイオレット ステビア ★セージ センテッドゼラニウム ソレル
タ行のハーブ ★タイイム タラゴン ★タンジー チコリ チャイブ チャービル ディル
ナ行のハーブ ★ナスタチウム
ハ行のハーブ ★バジル ハニーサックル ヒソップ フェンネル フラックス ベイ
マ行・ヤ行のハーブ ★マジョラム マリーゴールド ★ミント モナルダ ★ヤロウ
ラ行のハーブ(1) ★ラベンダー ★ラムズイヤー レモングラス レモンバーベナ ★レモンバーム
ラ行のハーブ(2) ロケット ローズヒップ ★ローズマリー


★お勧めリンク集★
1 ハーブ  2 ハーブティー、紅茶、お茶  3 テラピー、アロマテラピー  4 レシピ・料理(1)
5 レシピ・料理(2)  6 スイーツ  7 栄養、サプリメント  8 ダイエット  9 健康関係(1)  10 健康関係(2)
11 ガーデニング  12 DIY、ログハウス  13 アウトドア  14 雑 貨  
15 野菜・家庭菜園(1)  16 野菜・家庭菜園(2)  17 植物関係(1)  18 植物関係(2)




家庭菜園についての、姉妹サイトを作成しました。
どうぞご利用ください。

家庭菜園 楽しい家庭菜園プランター・ベランダ菜園|野菜の栽培・育て方
    このページの一番上へ移動                            次のページ>>
Copyright (C)  All Rights Reserved 
ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー